知らない車をみた



  「昨日知らない車をみたんです」

スタッフのきとらんが言いました

へーどんな車?セダン?クーペ?

  「セダン、白色」

古い?どんな形?

  「古くない、形はよくわからない、後ろからだから」

絵を描いてみてとお願いすると冒頭の写真の絵

  「こんなマークの車、フィアットかと思ったけど違う」

こんな絵じゃわからん まだ田辺誠一のほうがましじゃw

とか言いながらわかってしまいました 答えは後々コメント欄でw

車好きのみなさんわかりますか?(結局セダンでもなかった)

 




 

とある居酒屋

所用 があり東京に1泊2日で行って参りました

今回、泊まる所はドヤ街と呼ばれた街でした

今は、外国人のバックパッカー相手に安い宿を提供していたりします

自分が泊まった宿もそんな宿でした 浅草や秋葉原も近いしいい所でした

最初の日は1日荷物を担いで歩き回ったのでくたくたです

早めにチェックインして晩ご飯を食べに行きます

事前調べていたお見せに行ってみると生憎満席 残念!!

仕方ないので、近くの別のお店に行ってみました 

ちょっと早い時間でもあり1人しかお客さんがいなくどうかと思いましたが

入ってみました 広々していい感じです

おすすめの物を中心にいただきましたが、どれもこれも美味しく 安い

お店の人の感じもよく大満足のお店でした  遠州屋本店 高尾

ここからがとある居酒屋の本題

見るからに年期の入った建物に光る看板と立派な暖簾がかかっています

木製の引き戸をあけて入るとそこはもう独特の別世界

懐かしい様な異国に来た様な不思議な空間です

広い店内は土間でL型のカウンターとテーブル席 すべて年季の入った木製

高い天井は3メーター位あるのかなあ 少し寒い テレビの音だけが響いている
 
石油ストーブの懐かしいにおいを嗅ぎながらテーブル席に着きます

いきなり大将から「あんた、結構飲んでるだろ」といわれ どうしようか固まる

まあ、たしかに飲んでますけどと思いながらお酒とモツ煮を注文

モツ煮おすすめらしく 美味しい 続いて肉豆腐と煮こごりも注文 これもうまい

あるとき読んだ記事で



「いつも行く居酒屋があった 客同士もそこの女将とも注文以外は

ほとんど口をきかない あるときよく顔を合わす常連に声をかけられた

それからというもの その店にいくとあの人がいるかもと思うとなかなか行けなくなった

その人が嫌いというのではなく 気楽に飲んで食べたいだけ」



読んだそのときはよくわからなかったのだけど この店のお客はそんな感じ

だいたい 一人で来て少し飲んで食べてそうそうに帰って行く 注文以外しゃべらない

今まで経験した事ない居酒屋に感動していました そのときお客さんが入ってきました

4人のサラリーマン年配の男の人2人 若い男の人、若い女の人

時間は8時すぎてましたが 「うちは9時でしまるよ」と大将「かまいません」とお客

「あんたちょっと飲み過ぎだ」「酔っぱらいには酒は売らん」「帰れ」と大将

このときお客の一人がトイレに行ってました 帰ってきてほかの3人と相談して

そのトイレに行った人が大将の所に行って「トイレに行って済みません」と謝った

しかし大将は頑として受け入れません「帰れ」と大将

4人はすごすご立ち上がりまた「すみませんでした」とお辞儀をして出て行きました

これだけだと「なんと、頑固親父だ!」と思われるか知れませんが

この土地柄の事とか、ほかのお客さんへの配慮など、聞いてみれば納得できる

ただ目の前で起こった出来事に本当にびっくりしました

でも、自分もなんで追い出されなかったが不思議

旅館に帰る途中、フラフラ歩いているさっきの4人組を目撃しました

いい店見つけられたかな















ムルティプラ

ムルティプラ うちの愛車

世界一不細工と評された車

去年年末にとうとう10万キロを超えた 

正月にはついに壊れると評判の燃料ポンプがきちんと壊れた

昨日はバッテリーが昇天した(二回目)

リヤゲートのダンパーもそろそろヤバそう

プラスチック部品は総取っ替えしたい

でも、ほんとにいい車 意外に壊れないし でもそろそろ次期候補を考えないとね

しかし、次に乗りたい車がないんです 今のところ                                         
これは未だムルティプラに乗ってるオーナーの大きな悩み

変な車じゃなくていいから 乗りたくなる車出てこないかな






GROWER'S CUP

仕事中はいつもラジオを聞いています

そう言えば通勤中もラジオだな

ラジオは面白い いろんな情報があり、いろいろ想像が膨らむ

この間、タイトルのコーヒーが紹介されてました

言葉だけで想像がつくでしょうか

  あらかじめ、コーヒーが入った紙袋があります

  口を開けてお湯を500ミリリットル入れます

  5〜8分待ちます 

  3人分のコーヒーが入ります

ペーパードリップとフレンチプレスを掛け合わせた全く新しいタイプの抽出です

豆の種類も結構ありました お値段も1カップ¥100ぐらい

早速、試してみました う〜ん、においもいいし 味もいい お手軽!

山なんかにいいでしょうね ジェットボイルにぴったり